・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小豆

小豆の成分のサポニンは利尿作用があり、むくみなどに効果があるといわれています。またビタミンB群も多く含まれているので疲労回復にも食べたい食品です。
小豆より大粒で色艶が良いのは大納言小豆と呼ばれ、関西を中心に需要が高く、赤飯にも使われます。値段は小豆より高く、高級小豆として重宝されています。昔から日本人になじみ深く、ぜんざい・お汁粉・おはぎ・お赤飯等、日本のお祝い行事には欠かせない食材です。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 
小豆
大納言
   
大正金時  
いんげん類の中でも、一般的な豆です。この名前は、昭和初期に北海道・十勝地方の幕別村で発見され、大正村(現在の帯広市大正町)で量産されたことに由来。大正金時の食物繊維は豆類の中で最も多く含み、甘く煮るだけでなく、スープの具やポークビーンズ、チリコンカーン、サラダなど和・洋・中に幅広く利用できる万能豆です。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 
 大正金時
   
   
大豆
大豆は風土やその年の気候を作柄にはっきりと反映する豆です。タンパク質の含有量が多く、栄養の豊富さは豆の中で随一。最近では、大豆イソフラボンの作用が注目され、女性たちに欠かせない栄養として新たに見直されています。ひじきや野菜などと一緒に煮た五目豆といった定番料理の他、炒ってからフードプロセッサーなどで砕くと手軽に国産大豆の手づくりきな粉が出来ます。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 
 大豆  
   
   
光黒大豆
正月のおせち料理に欠かせない黒豆。ポリフェノールの一種アントシアニンを含み、抗酸化作用などの効能は幅広い世代にわたって注目されています。また大豆と同じくイソフラボンやレシチンが豊富。コレステロールを抑制し、体の老化を防ぐのに役立つとされます。市場では黒豆の煮汁や黒豆茶、酢大豆などを原料とした商品が多彩に出回り、人気を呼んでいます。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 
 光黒大豆
   
   
大福豆
大福豆 いんげん類の一種で昭和38年に優良品種に決定。粒形は扁平の腎臓型で、大粒の豆です。加工品では甘納豆の需要が多く、おせち料理の豆きんとんにも利用されます。上品な舌ざわりが人気の豆で、サラダなどに混ぜると生野菜との組み合わせでひと味違った食感が楽しめます。また、金時同様、カレーやスープに混ぜると、やさしい風味が引き立ちます。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 
 大福豆
   
   
白花豆  
白花豆 白花豆は、大福豆よりさらに粒形が大きく「ふっくら美人豆」といわれています。さっぱりとした甘みのため、甘納豆に使われたり、また、お正月には裏ごしをして豆きんとんにしたりと、応用範囲が広く親しまれています。煮くずれしにくく風味がよいのが特徴で、ホクホク感が味わえる豆です。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 
 白花豆
   
   
うずら豆
うずら豆

いんげん類の一種で、成分は大正金時豆に類似しています。表面にうずらのたまごのような模様があるため、うずら豆と呼ばれています。主として甘く煮るのが一般的ですが、大正金時や大福豆同様、煮くずれしにくいので、煮込み料理にも最適です。トマトベースで肉や野菜と煮込んだり、スープの具にしたりと、洋風にアレンジしてもおいしく食べられます。

レシピページへ    
豆のもどし方ページへ 

 うずら豆
   
Copyright (c)2004, JA Obihiro Kawanishi. All Rights Reserved.
当ホームページに掲載したすべての内容に関する著作権は、原則としてJA帯広かわにしに帰属します。
著作権法により、無断で転用、複製等することは禁じられています。